受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘の内側に痛みを感じる
  • 肘の曲げ伸ばしができない
  • 成長期の子供
  • ラケット、バット振れない
  • ボールを投げる時に肘に痛みを感じる

肘には靭帯、軟骨、筋肉が存在します。

それぞれ骨に付着していてなにかしらの負荷が加わり、牽引力が働きます。

そのせいで引っ張られて肘の内側に炎症を起こしてしまいます。

なぜ野球肘とはどのようなもの?|にこにこスポーツ整骨院

野球肘は名前の通り野球をしている成長期の子供に多いと言われています。

投球動作は屈筋腱の付着部が強く牽引が加わるため、反復的な動作を繰り返してしまうと骨の付着部に痛みが出てきてしまいます。

また、手のひらを返す動作での痛みがより強く感じられます。

痛みの初期では前腕の筋肉の張り感や腫脹、疼痛があり、肘の可動域制限が出てきます。

成長期の子供は靭帯や筋肉よりも骨の方が弱いため、上腕骨骨端核離断性骨軟骨炎になりやすいです。

成長する時に成長軟骨というのがあります。これは身長を伸びて行く中で少しずつ縮まってくる部分で、大人になると骨化するので成長期の子供にみられる症状になります。

また成人や中高年の方も仕事作業での肘の曲げ伸ばしを繰り返し、軟骨がすり減って変形性肘関節症を生じることがあります。

野球肘はなぜ起きてしまうのか。|にこにこスポーツ整骨院

繰り返しボールを投げる事で起こります。

にこにこスポーツ整骨院での治療|にこにこスポーツ整骨院

痛みが出ているということは炎症を起こしている状態です。

患部に対してハイボルテージや超音波を使って炎症を抑えていきます。

外傷や使いすぎなどで筋肉や靭帯が微細な損傷を起こしているので肘の周りの筋肉が硬くなっていることが多いので筋肉を緩ませる効果もあります。

また投球動作や仕事での体の左右のバランス、姿勢異常から肘が多く使われやすい原因になっていることも多いため体全体を見ていき、患者さんの状態に合わせて全体の歪みを取る「骨格矯正」や「筋肉矯正」を行なって痛みのない体づくりを目指していきます。

肘は普段から多く使う事から安静に出来ない分、治りが遅いことがあります。

ですが、当整骨院では電気器具や矯正メニューも備わっているためより早く回復が見込まれると思います。

お悩みの方はまずは一度にこにこスポーツ整骨院にご来院ください。

  • lineの友だち追加はこちら

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間