受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長距離を走れない
  • ジャンプ、ボールを蹴ると響く
  • 走ったり歩くと膝が痛い
  • 足が張ることが多い
  • 運動量が多い

シンスプリントの原因は?|にこにこスポーツ整骨院

シンスプリントはスポーツをする12〜16歳の学生に多いと言われていますが成人の方でもなる方が多いです。

原因としてはざっくり言うとオーバーユース(使い過ぎ)によって起こります。使い過ぎと言ってもただ運動量・運動時間・運動日数が多いだけではありません。運動の内容や今までとは違うフォームを何回も練習したりでも起きてしまいます。

その他にも下肢の形体異常(O脚、回内足、扁平足など)や下腿・膝・股・足関節の柔軟性不足でも発生する原因になります。

下腿には脛骨と腓骨という2つの骨で形成されています。

脛骨の周りにある骨膜が炎症を起こす障害で脛骨過労性骨膜炎とも呼ばれます。運動時や運動後に脛の中央から下3分に1にかけて痛みを感じます。

脛に付いている後脛骨筋が硬くなることが痛みの原因にはなりますが、その筋肉が硬くなってしまう根本的な原因として足関節の底・背屈の機能が悪くなることで底・背屈に作用する筋肉が同時に悪くなり、後脛骨筋にダイレクトに負担がかかり炎症が起きてしまうのです。

シンスプリントの症状は?|にこにこスポーツ整骨院

初期の症状としては脛に違和感や鈍痛が感じます。

この時は特に運動痛もさほど痛みはないですが、脛の部分に圧痛は見られます。

徐々に症状が進行すると運動痛が出てきます。長い距離を走ったり、ジャンプ動作が特に多い日などはより痛みは増します。

何もアイシンングなどをせずに放置し続けると骨に炎症が起き、疲労骨折にも繋がってしまいます。こうなってしまうと治るまで時間がかかってしまいます。そうなる前に是非大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院にいらしてください。

一般的な治療|にこにこスポーツ整骨院

患部や筋肉の硬さを緩めるだけで症状は和らぎます。

ですが、それは一時的に症状が和らいだだけのもので治ったとは言えません。

痛みの治療は患部だけではなく重心バランスのずれを見ていかなければ再発を繰り返してしまいます。

大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院での治療|にこにこスポーツ整骨院

シンスプリントに対して私たちは患部に「超音波」を当てて炎症を抑えます。

炎症が強ければice処置も併用して行います。

次に身体全体の重心バランスを見ていきます。

どのスポーツでも利き手と逆の方で重心を取ったり、繰り返しの動きで負荷が大きく加わったりします。

見ていくポイントは大きく3つあります。

1、骨盤の傾きに左右差はないか

→骨盤が傾いているとバランスのズレが生じて決まって同じ方が怪我しやすくなります。

2、脚の長さは左右差はないか

→骨盤のズレが無くても左右の筋肉の緊張の違いで左右で負荷の量が違ってしまいます。

3、下肢の形成体異常はないか

→形体異常とは扁平足や回内足、O脚などがあります。

これらの形体異常が重なることでより負担のある身体になってしまいます。

下肢は第二の心臓とも呼ばれるほど大事な部分になります。

まず、足底の形(アーチ)を見ていきます。アーチが落ちてしまうと、足に負担がかかり、ふくらはぎの筋肉が緊張が強まりうまく筋肉を使えこなせない状態になります。

外的要因として硬いグランドや路面でのトレーニングやシューズの踵のすり減り、クッションが薄いシューズ使用などでも症状が出てきてしまいます。

大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院ではインソールを取り扱っております!実際に患者さんの足の形を調べてよりいいインソールを提案させて頂きます。

一度シューズも一緒に見させてください。

体全体をみることでこれからの競技での予防や今ある自分のバランス力、筋肉の状態を知れるため競技パフォーマンスの向上なども期待できます。

痛みを放置してしまうと後遺症が残りやすいため今から治療をしていく事が重要です。

お気軽に大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院へご相談下さい。

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間

にこにこスポーツ整骨院
LINEで予約