受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

胸郭出口症候群

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 指がシビれる
  • 腕を上に上げていると脱力感がある
  • 首を後ろに倒すと痛い
  • 同姿勢が続く
  • 末端に冷えを感じる

このような症状がある方はもしかしたら胸郭出口症候群ではないでしょうか?

主な症状として手の痺れや腕の脱力感、冷えなどが多いです。

重度になると耳鳴りやふらつき、後頭部痛が出てきます。

なぜ胸郭出口症候群になってしまうのか?|にこにこスポーツ整骨院

なで肩の女性や筋肉を鍛えている男性に多いと言われています。

またトートバック等を片方の肩にだけ下げている癖がある人もなりやすい傾向があります。

胸郭出口症候群は細かく言うと3つのパターンに分かれています。

  • 1、斜角筋症候群

  • 2、肋鎖症候群

  • 3、小胸筋症候群

長時間の同姿勢や前かがみ姿勢で筋肉がだんだんと硬くなりそれぞれ斜角筋、鎖骨下筋、小胸筋が凝り固まり筋肉が肥大します。筋肉が肥大や緊張が強くなることで斜角筋の間を通っている腕神経叢と鎖骨下動静脈を圧迫してしまい、神経症状と言うわれる痺れや冷え、痛みを引き起こします。

斜角筋、鎖骨下筋、小胸筋は首や胸の前に付いている筋肉で、猫背姿勢の方や仕事柄で腕を上げている方のなど肩関節や肩甲骨の位置が内に入ってしまう姿勢や使い方の方により多く見られます。

痺れが腕に出るため神経根症や頸椎ヘルニアなどを疑ってレントゲンを撮っても骨には異常はないため結局原因がわからず痛みを我慢する方も多いです。

上記のような症状に覚えがある方は、お気軽に大仙市・大曲にこにこスポーツ整骨院までご相談くださいませ。

大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院での治療|にこにこスポーツ整骨院

大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院の治療では、筋肉が肥大している、筋肉が硬くなっている部分ではハイボルテージや超音波などの治療機器を使用し炎症を抑えたり、筋肉を緩ませ神経圧迫を解除していきます

これだけでは痛みは取れますがまた症状が繰り返されてしまいます。

当院にこにこスポーツ整骨院では更に一歩踏み込んだ施術「骨格矯正」を行なっています。まずは体を支えている骨盤と動きに必要な筋肉と痛みの神経の3点からアプローチをかけることで痛みのない身体作り行い、根本治療を目指しています。何故根本治療の骨格矯正が必要になっているかと言いますと、先程上記に挙げた筋肉などは肩甲骨、鎖骨に付着しています。

その為、肩甲骨が硬くなってしまったり、頸椎の動きが悪かったり、猫背の姿勢になってしまっているので、筋肉が正しい位置になく、神経を圧迫してしまっています。

骨格矯正を行うことで、肩関節、肩甲骨、頸椎を正しい位置に戻して、神経の圧迫を防ぎます。

揉んだりで筋肉を弛緩させることも重要ですが1番は関節を正しい位置に戻してあげることです。

そうすると再度痛みが出ることも防いで行けます。

骨格矯正をかけることで痛みなどは勿論ですが、姿勢の改善にもつながるので、肩が丸まっていて猫背の心配がある方は、胸郭出口症候群の予備群にもなるので予防の為に姿勢を一度改善しても良いかと思います。

お悩みの方はまずは一度大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院にご来院ください。その際にまずは体の歪みや足の形、重心の位置など痛みに関わるものを確認させていただき、最適な治療をご提案させていただきます。胸郭出口症候群かな??と悩んでいる方はお気軽に大仙市のにこにこスポーツ整骨院までご相談ください。

  • lineの友だち追加はこちら

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間