受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 物を掴む時に指が痛む
  • 手をついた時に痛みがある
  • 家事の最中に手首が痛む
  • 最近、手首や指が痛くなってきた
  • 手をよく動かす、使う事が多い仕事をしている

腱鞘炎とは何か|にこにこスポーツ整骨院

人には関節を動かすための筋肉があります。その筋肉が骨につく仲介をしている結合組織の繊維束が腱と呼ばれるものです。その腱を正常に動かすため、バンドのように腱を括っているのが腱鞘です。なんらかの原因で腱と腱鞘の間で炎症が起きると腱鞘炎となって痛みが出てきます。特に多いのが手、指の腱鞘炎です。腱鞘の狭窄部で擦れやすく、リウマチの罹患でも発症する場合があります。

腱鞘炎の原因となるもの|にこにこスポーツ整骨院

オーバーユース(指の使いすぎ)

腱鞘炎で1番多い原因がオーバーユース(手指の使いすぎ)です。仕事やスポーツ、家事などでの指の使いすぎが原因となります。微小な力が繰り返し加わることで起こり、怪我に繋がるとは思えないほどの弱い負荷でも疲労が蓄積される事があります。オーバーユースでの痛みの出方は、疲労が蓄積したものが突然症状として現れるものと、徐々に痛みが出てくる場合があります。

腱や腱鞘に対しての瞬間的な負荷

腱が瞬間的に伸ばされたり、不意に力が加わってしまった場合や、スポーツ時に急激に抵抗力がかかってしまう事によって腱鞘炎になる場合があります。これは、その瞬間から痛みが出てくる場合がほとんどなので痛みのきっかけがはっきりしており、痛みと共に動かしにくさなどの機能障害も出てきます。

ホルモンバランスの変化

腱鞘炎は使いすぎによる事がほとんどですが、近年は更年期、産後の女性にも起こりやすいといわれています。

それはホルモンバランスの乱れによる腱鞘炎です。女性ホルモン(エストロゲン)は炎症を抑えてくれる役割をしていますが、更年期、産後にはそのホルモンが減少し、炎症が起きやすくなったり、炎症が治りにくくなります。そんな時期に子供を抱っこしたり、仕事で指を酷使したりすると炎症が起きてしまいます。ですが、必ずしも症状が出るわけではないので、発症には個人差があります。

腱鞘炎が悪化すると…|にこにこスポーツ整骨院

腱鞘炎は痛いまま放っておくと「ばね指(弾発指)」という治りにくいケガに移行してしまう場合があります。

ばね指とは、腱自体が肥厚し腱鞘の間を腱が通りにくくなったり、腱鞘が腫れてしまい腱が挟まれてしまったりと、スムーズに指を伸ばす事が出来なくなってしまう症状です。腱鞘が狭く、通りにくくなってしまうと、指を伸ばす際に引っかかってしまうためばね現象がおこります。ばね指に移行してしまうと最悪の場合、腱鞘の切開手術を行わなければならなくなります。ですので、そうなる前に早めの治療が必要です。

大仙市にこにこスポーツ整骨院の治療

指や手は日常生活で使わないということは不可能なので、そのままでは治らない事が多いです。腱鞘炎に対しての治療の基本は、安静にする事です。ホワイトテープ等で固定を行い、ハイボルテージ電気、干渉波、低周波、超音波等を用いて治療を行います。固定しつつ、手指が拘縮しないようストレッチの指導も行います。腱鞘炎でお悩みの方は是非一度、にこにこスポーツ整骨院へお越し下さい!

  • lineの友だち追加はこちら

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間