受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

ばね指

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 朝起きたら指がうまく伸ばせない
  • 日常、仕事上で指を動かす事が多い
  • 過去に腱鞘炎になった事がある
  • 指の付け根に圧痛、腫脹がある
  • 指の曲げ伸ばしで引っかかる

ばね指はどのようなものなの?|にこにこスポーツ整骨院

ばね指とは関節の曲げ伸ばしで屈筋腱と靭帯腱鞘という筋肉・靭帯で滑らせる事で自由に曲げ伸ばしが出来ています。

ですが、この腱と靭帯が擦れすぎて炎症を起こしてしまうのを腱鞘炎と言います。

この状態では腱鞘が腫れて厚くなり、腱の通り道が挟まる事で擦れたような痛みが走ります。

腱鞘炎を放置したり、我慢している状態が続くと擦れた腱の一部が炎症が起きて肥大し、腱鞘内を通る際に引っかかるようになるためスムーズな動きが出来なかったり、指が曲がったまま伸びにくい状態になってしまいます。

曲がった指を伸ばそうと無理に強く力を加えると、腱が引っかかって弾く事でばねの様な現象が起きます。

これがいわゆる「ばね現象」です。

ばね指はどの指でも発症する可能性はありますが、特に親指、中指、薬指に多く見られ、起床時に症状が固まってしまうのが強く出て、日中になると指を動かす事や筋肉の活動量も増えて比較的に改善されます。

ばね指はなぜ起こるの?|にこにこスポーツ整骨院

ばね指が起こる原因としてはいくつかあります。

1つ目は、日常生活や仕事上で指を使う方での使いすぎで起こります。

細かい作業をする方、パソコンでのキーボード操作が多い方、ピアノの練習量が多い方、ゴルフやバトミントンで手を使う方などが挙げられます。

腱と腱鞘に常に大きい負荷がかかっているため炎症が起こしやすい原因を作ってしまいます。

2つ目はホルモンバランスの変化で起こります。

女性は妊娠中、出産後、閉経後などで女性ホルモンが大きく乱れてしまいます。

また加齢によって骨密度の低下や腱や腱鞘が弱くなってしまい、ばね指が起こる事もあります。

3つ目は、関節リウマチや糖尿病の持病がある方です。

関節リウマチや糖尿病の方は関節炎になりやすく、末端に血液が流れにくい状況からばね指になりやすいと言われています。

また、ばね指になってしまうと複数の指になってしまい重症化しやすいケースが多いです。

ばね指は先程と重複しますが腱鞘炎が進行してしまい起こるものです。

腱鞘炎のうちに早期治療を行えば痛みやばね指になる事が少ないので、そのようになる前に、是非大仙市のにこにこスポーツ整骨院までお気軽にご相談ください。

大仙市にこにこスポーツ整骨院での施術|にこにこスポーツ整骨院

ばね指の症状に対しては「超音波治療」を行います。

超音波とは高い周波数で振動する音波です。超音波を照射すると機械の振動によって生体組織が加温されて、生体内が圧縮と拡張されて細胞を活性化する電気機器になります。

この治療機器は骨折の方にも使われていて早期回復を期待出来るものになっております。

第一段階として炎症で肥大している部分を動けるようにしていきます。

第二段階に「筋肉調整」を行い、硬くなりすぎてしまった上肢の筋肉をしっかりと緩めていくのと同時に筋肉の再教育を行っていきます。

人の体には一人一人それぞれで仕事や日常生活での加わった負荷により耐える体が変わっていきます。

使われる筋肉は硬くなり、使われない筋肉はもちろん弱くなります。

筋肉の量は、年齢を重ねると減少傾向になりますが、筋肉がないのではなくうまく使えていないのです。そのため、大仙市のにこにこスポーツ整骨院では筋肉を動かし軽いトレーニングを行いながら筋肉の再教育をして痛みのでない身体づくりをしていき、再発防止をしていきます。

痛みがあると仕事が嫌になったり日常生活の楽しみも奪ってしまいます。

指の些細な痛みや違和感がある方、もう指の痛みが進んでしまっている方もこれを機に改善していきませんか?

一度大仙市にこにこスポーツ整骨院へご相談下さい。

  • lineの友だち追加はこちら

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間