受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

肉離れ

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 筋肉を伸ばした際にズキっとした痛みが出た
  • 運動後、筋肉に痛みが出る
  • 筋肉の一部が少し凹んでいる
  • 踏み込む動きをした際に違和感、痛みがある
  • 筋肉があまり伸びない

肉離れとは|にこにこスポーツ整骨院

肉離れとは筋肉の正常な伸長範囲を越えた時に起きる外傷です。特に肉離れが起こりやすいのが大腿四頭筋(太もも前面の筋肉)、ハムストリングス(太もも裏にある筋肉の総称)、下腿三頭筋(ふくらはぎにある筋肉)、アキレス腱です。筋肉の損傷が軽度なものから完全に断裂してしまうものまで症状は様々です。

定義

第一度・・・微小の筋間損傷

      動かすと違和感や不快感などがある

      1〜2週間でスポーツへの復帰が可能

第二度・・・筋の部分断裂であり、一般に肉離れと呼ばれる

      押した際の痛みと腫れ、軽度の筋力低下が見られる

      復帰には1〜3ヶ月を要する

第三度・・・筋の完全断裂

肉離れの原因は?|にこにこスポーツ整骨院

肉離れはスポーツを行っている時に多く起こります。原因としては筋疲労、体の柔軟性の低下、ウォーミングアップ不足が挙げられます。

治るまでの期間は、早ければ1〜2週間、長ければ6〜7週間程かかり、断裂している場合は手術も適応になる場合があります。

肉離れに対する正しい処置|にこにこスポーツ整骨院

肉離れは初期対応・早期施術が重要です。特に初めての場合は適切に対応しなければなりません。時間の経過とともに患部の筋肉の状態が腫脹によって触れにくくなってしまうため、24時間以内に確認する必要があります。肉離れは初期対応が重要になり、予後も変わってきます。まずは大仙市にあるにこにこスポーツ整骨院までお気軽にご相談くださいませ。

肉離れに対してはまず下記の内容を行うことが重要です。

Rest(安静)=スポーツ活動の停止

ケガの直後、通常では体内でケガの修復作業が始まりますが、運動を続けてしまうと修復の開始に遅れが出てしまいます。その結果、回復に遅れが生じ、リハビリに時間がかかってしまう為、ケガの直後は安静にすることが大切です。

Ice(冷却)=冷却痛みのある部分を冷し、痛みを減少させ、更に血管を収縮し炎症や腫れをコントロールできます。

Compression(圧迫)=患部の圧迫ケガの部分に適度な圧迫を与え、炎症や腫れをコントロールできます。

Elevation(挙上)=患部の挙上心臓より高い位置にケガの幹部を挙上し、炎症や腫れをコントロールできます。

大仙市にこにこスポーツ整骨院での治療

にこにこスポーツ整骨院では、まずはエコーで肉離れの損傷度合を確認します。それから治療に入って行きます。微弱電流、超音波機器を用いて、細胞の修復を促します。

損傷度合によってホワイトテープを使用し、患部を1〜2週間固定します。その後は状態をみて弾性包帯に切り替えて行きます。

肉離れの状態が重い、大会までに早く治したいという方などには、シーネ固定やギブス固定処置を行い、極力患部を安静に保つ事で早期回復に努めます。

軽度や重度でも痛みが取れたら終わりではなく、筋肉の損傷を起こしていると損傷した部分に瘢痕組織となることもあり、再負傷の原因となります。そこで筋膜リリースやストレッチなどで瘢痕組織を除去して、最後までしっかり治し、エコーで最終確認まで行います。肉離れでお悩みの方は、大仙市大曲にこにこスポーツ整骨院へお越しくださいませ。

  • lineの友だち追加はこちら

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間