受付時間

  • にこにこスポーツ整骨院 0187638682
  • にこにこスポーツ整骨院 アクセス

オスグット・成長痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ビリっとして膝が曲げられない
  • ジャンプ、ボールを蹴る動きが辛い
  • 走ったり歩くと膝が痛い
  • 膝下にある骨がボコッと出ている(腫れている様
  • 10〜15歳の成長段階の時期

オスグット・成長痛とは?|にこにこスポーツ整骨院

一般的には成長途中の10〜15歳の子達に多い症状から「成長痛」とも言われています。

実際にどのようになるかと言いますと、子供は身長が大きくなる伸び盛りです。

体の関節には「成長軟骨板」という関節のクッションの役割と身長を大きくする大事な役割のものがあります。

特に膝にはその成長軟骨板が多く存在します。

成人に比べて軟骨部分が多く骨よりも脆いため、スポーツが盛んな時期で負荷が沢山加わると「大腿四頭筋」というももの前にある筋肉が緊張する事により付着部でもある骨(脛骨粗面)が引っ張られて骨や軟骨に炎症が起きてしまっている状態です。

この炎症が長ければ骨が飛び出してしまい、引っ込む事が難しくなってしまいます。
成人でも極たまに変形したまま残っている人を見かけますよね。

当院のオスグット・成長痛改善施術とは?|にこにこスポーツ整骨院

私たちは患部に「超音波」を当てて炎症を抑えます。炎症が強ければice処置も併用して行います。

次に身体全体の重心バランスを見ていきます。
どのスポーツでも利き手と逆の方で重心を取ったり、繰り返しの動きで負荷が大きく加わったりします。

見ていくポイントは大きく3つあります。
1、骨盤の傾きに左右差はないか
→骨盤が傾いているとバランスのズレが生じて決まって同じ方が怪我しやすくなります。

2、脚の長さは左右差はないか
→骨盤のズレが無くても左右の筋肉の緊張の違いで左右で負荷の量が違ってしまいます。

3、足底のアーチが落ちていないか
→足底にはアーチが形成されています。それが落ちてしまうと、足に負担がかかり、ふくらはぎの筋肉が緊張が強まりうまく筋肉を使えこなせない状態になります。
なので体の骨格全体を見ないといけないのです。

歪みによって筋肉のバランスも崩れ、弱い部分・強い部分が出てきてしまい十分なパフォーマンスが発揮できなくなってしまいます。

成長期が過ぎると膨隆した骨が硬くなるため症状は落ち着きます。

ですが成人してからスポーツや歩きすぎたりと膝に強い負荷が加わる事で
痛みが出てきてしまいます。

後遺症を残さないためにも今から治療をしっかりとしていきましょう。
一度にこにこスポーツ整骨院へご相談下さい。

お問い合わせ

にこにこスポーツ整骨院

0187638682

にこにこスポーツ整骨院 アクセス

住所

〒014-0014
秋田県大仙市大曲福住町5−18

アクセス

JR大曲駅から徒歩5分
シティホテルの正面

にこにこスポーツ整骨院 マップ

受付時間

にこにこスポーツ整骨院
LINEで予約